2018年06月03日

最近なにかと話題の・・・

東南アジアの都市国家シンガポール。

夢の国の大統領と地上の楽園の指導者が会談をするとかしないとか。

まあ、政治的なお話には全く興味がないので実際どうなるのかサッパリ分かりませんが、予定通り開催される事になった場合、会場の警備に当たるのがシンガポール警察の皆さん。

そのシンガポール警察の精鋭部隊STARの新しいテレビCMが公開されました↓



テロリストから人質を救出するSTARの活躍を描いています。

この手の広報映像って特殊部隊が突入→犯人がビビって投降・逮捕→人質解放って流れが多いと思うんですが、テロリストを全員容赦なく撃ち殺しているのにはちょっと吹いてしまいました。お前らは軍の特殊部隊かよ!と。実戦的というか現実的ではありますが。

個人装備は過去記事で特集した際と大差ありませんが、ゴーグルがESSからREVISION製に変わってますね。対閃光弾用?のダークレンズがカッコいいですな。

あと主武装がMP5からFNのSCARになっている点でしょうか。


(画像:Singapore Police Forceより引用)


(画像:Singapore Police Forceより引用)

STARに限らずシンガポール警察の武装部隊では長年主力火器としてMP5シリーズが使用されてきましたが、近年は防弾ベスト等を着用した重武装犯の対処する為、SCARに更新が進んでいるようです。



こっちはテロリスト襲撃開始からの流れを追加した別バージョン。

0:29頃には近年新たに創設されたRDTsが登場しています。



RDTsとはRapid Deployment Troopsと言いまして、日本語に直訳すると迅速展開部隊とか急速展開部隊となります。銃乱射などの無差別テロ事件や暴動が発生した際に現場に急行して初動対応に当たる特殊部隊の事です。前述のSTARと同じく暴徒鎮圧や対テロ作戦を担当する部署であるSOC(Special Operations Command:特殊作戦司令部)に属しています。

過去記事で紹介した香港警察CTRU(テロ対策対応部隊)や我が国の警視庁ERT(緊急時初動対応部隊)のような部隊ですが、これらの部隊との違いは渋滞発生時でも迅速に現場に急行できるよう、パトカーなどの警察車両ではなく、TRMs(Tactical Response Motorcycles:戦術対応オートバイ) と呼ばれる専用のオートバイを使用している点でしょうか。



因みに要人警護を任務とするSecCom(Security Command・・・保安司令部)のCAT(Counter Assault Team・・・襲撃犯の制圧を担当する武装チーム)という部隊にもオートバイ隊が存在がしたりと、シンガポール警察の武装部隊では以前からオートバイがよく使用されていました。

現在は分かりませんが、1990年代頃にはSTARにもオートバイ隊が存在したので、オートバイを使用した戦術はSTARから各部隊に広まったのかもしれません。



今回記事を書くにあたって改めてシンガポール警察の特殊な部隊について調べてみたら、前述のRDTsの他にもERT(Emergency Response Team:緊急対応部隊)など、新たにテロ対処部隊がいくつか新設されているようです。

以前調べた時(2009年頃)は過去記事で少し触れたPTU(Police Tactical Unit・・・日本の機動隊や銃器対策部隊に相当)やGurkha Contingent(グルカ分遣隊)、それと上記のSecComぐらいしかなかったんですが、2010年代に入るとフランスやベルギー、そしてバングラデシュなど各国でテロ事件が頻発していますから、その影響を受けて創設されたのでしょうね。

それでは今回はこの辺でm(__)m


おまけ



RDTsのカッコいい動画・・・じゃなくてNG動画(^_^;)

装備が重くてバランス取るのが大変なんですかね。





同じカテゴリー(世界のマイナー特殊部隊)の記事画像
歴史的会談の成功を支えた精鋭たち
コブラ部隊!!
資料が増えました。
台湾の飛虎隊
シンガポール版SDU!?
同じカテゴリー(世界のマイナー特殊部隊)の記事
 歴史的会談の成功を支えた精鋭たち (2018-06-17 20:05)
 コブラ部隊!! (2018-04-20 18:15)
 資料が増えました。 (2017-12-09 18:24)
 台湾の飛虎隊 (2017-09-15 19:22)
 シンガポール版SDU!? (2017-08-14 21:25)
 密着!南ア警察特殊部隊24時 (2016-08-28 16:46)

Posted by GRIFFON  at 21:26 │Comments(0)世界のマイナー特殊部隊シンガポール

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。